彼からお姫様扱いされるには?3つの秘訣

こんにちは。

大人の恋愛タロットカウンセラー

星リリアです。

 

大好きな彼からお姫様扱い・・・

女性なら誰でも憧れますよね。

 

彼からぞんざいな扱いを受けている気がする・・・

私ばかり我慢してるみたい・・・

 

そんなお悩みをお持ちの方もそうでない方も

彼からお姫様のように大切に扱われる3つの秘訣をご紹介します。

①男性の庇護本能を刺激する

 

男性はそもそも好きな女性を

「守りたい」庇護本能を持っています。

ところが、このスイッチをオフにしてしまう女性の言動があります。

それは、

「いいのいいの。ひとりでできるから」

と彼の「守りたい願望」をブロックしてしまうこと。

彼の愛からくる言動を遠慮して受け取らないことです。

「そんなこと悪いから・・・」

「ひとりで大丈夫だから・・・」

良かれと思って断っても、行き場をなくした愛を抱えた彼は

落ち込んでしまいます。

「俺は必要ないのか」と。

男性は必要とされたい生き物。特に愛する女性に・・・

 

なぜ彼の愛の言動を受け取れないかと言うと、

根底に「私なんて・・・相応しくない」

という自信のなさがあるから。

「彼からぞんざいな扱いを受けている」と思えるのなら

彼の愛を受け取れているか思い返してみてください。

 

大丈夫、あなたが好きだから彼はそこまでしてくれるのですよ。

自信をもって彼からの愛をもらさず受け取りましょう。

 

彼の庇護本能を刺激するには・・・

どんどん彼に甘えましょう♪

際限ないわがまま勝手と甘えることとは違います。

前者は彼の立場も心情も思いやっていません。

後者は彼の表情を見ながら、むしろ喜ばせてあげるつもりで可愛く。

ペットボトルのふたを開けてもらうとか、高い場所にあるものを取ってもらうとか、簡単なことでもいいんです。

そして満面の笑みで「ありがとう!」

彼は庇護本能を刺激されて、「またなにかしてあげたい!」

とあなたをお姫様のように扱ってくれます。

 

②男性のお姫様扱いに気付く

 

「十分愛されてお姫様扱いされている」のに気付けないで

不満を抱えている女性がいます。

彼が愛からしてくれることをすべて「当たり前」と受け止めて

感謝の気持ちを忘れているのです。

世の中に「当たり前」のことは存在しません。

そこには誰かの愛があり、労力があり、感謝があり、想いがあります。

 

彼がデートのたびに送り迎えしてくれること。

デート代を出してくれること。

毎晩電話で話してくれること。

一生懸命忙しい仕事を切り上げてデートの時間を作ってくれること。

 

すべて「当たり前」ではないのです。

上記あげたことすべてお姫様扱いなのです。

彼の精いっぱいの・・・

それに気付ける感性をもって、感謝の気持ちを持っていれば大丈夫。

あなたは彼のお姫様です。

 

③我慢せずに言いたいことは彼に伝えましょう

言いたいことをためこんでいるといつか大爆発を起こします。

そうなる前に不安や不満は小さいうちに可愛く伝えましょう。

「私ばかり我慢している」と思えるのは赤信号です。

自分の感情を責めずに大切にしましょう。

自分を大切にすると彼からも大切にされます。

男性はその脳のつくりから

「察する」ことが苦手です。(個人差はありますが)

黙ってて「察してほしい」というのはかなわないと思ってていいくらいだし、男性には悪気はありません。

その都度伝えて、ふたりで考える。

いつもすっきりした明るい気持ちが彼の愛を引き寄せます。

 

 

 

彼からお姫様扱いされる秘訣3つをご紹介しました。

 

自分にも、彼からの自分への愛にも自信をもって

彼への感謝を忘れない

不安や不満は可愛く伝えるようにする

 

お姫様と王子様の恋がうまくいきますように。

 

恋愛タロットメール相談承っています。

くわしくはこちらから

Twitterもやっています。

お気軽にフォローしてください。

 

星リリアのTwitter

 

あなたのお幸せをお祈りしています。

星リリア

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です