年上男性はなにを考えているの?アプローチに役立つ8つの恋愛心理

こんにちは。

大人の恋愛タロットカウンセラー

星リリアです。

今回は

年上男性の心の奥に隠された8つの恋愛心理

を考察します。

 

まとめると以下のとおりです。

 

①頼りになると思われたい

②ガツガツしていると思われたくない

③癒されたいと思っている

④感謝されたいと思っている

⑤女性をリードしたい

⑥自由を奪われたくない

⑦恋心をを自覚するのに時間がかかる

⑧常識のある女性を求めている

 

優しいけれど、いまいち何を考えているのかがわかりづらく見えてしまう年上男性。

そんな彼との恋愛を成功させるには、

年上男性の微妙な心理を把握するのが一番です。
彼らは普段どんなことを思い、何を求めているのでしょう。

それを知ることで、アプローチに役立つはずです。

ここでは年上男性の心の奥に隠された恋愛心理について詳しくご説明します。

①頼りになると思われたい

男性は、女性が思っている以上にプライドが高いです。
特に年上男性は

 

「頼りになると思われたい」

 

という欲求が強く、

本当は自信がなくてビクビクしていても、

あえてクールにそれを隠そうとする傾向があります。
そんな彼を安心させるのは、女性が無邪気に甘える仕草。
全身で頼ってくる姿に自尊心が満たされ

 

「守ってあげたい」

 

という気持ちが芽生えるのです。
特に、恋愛で傷ついたことのある男性には効果的。

 

「もう傷つきたくない」

 

という心理が働いてガードが固くなっているので、

素直に甘えてくれる女性に接すると心が癒されます。

 

②ガツガツしていると思われたくない

30代までの男性は、女性には想像もつかないほど性欲が強いものです。
しかし、年齢を重ねるごとにそれをあからさまに表に出すのを

 

「恥ずかしい」

 

と感じるようになるので

 

「年上男性は性欲が強くない」

 

と誤解してしまう女性もいるかもしれませんね。
中には本当に性欲が強くない男性もいますが、

たいていの場合、うまく隠しているだけです。
ですから、

年上男性はあなたと恋愛してもなかなか手を出してこないかもしれません。

 

「ガツガツしていると思われたくない」

 

という心理が働くので、必死に耐えているのですね。

もし、それがさみしいと感じるなら、

その気持ちを素直に伝えましょう。
きっかけさえ掴めれば後はスムーズなので

 

「私もあなたとそうなりたいと思っている」

 

と、素直な言動で示してあげてください。

 

③癒されたいと思っている

年上男性は、仕事でもプライベートでも、

上に立ってまとめていかねばならない立場に立たされることが多いもの。

 

「男性は外に7人の敵がいる」

 

と言われていますね。

常に気を張って戦って、

くたくたに疲れているのです。
ですから、

普段は年上という仮面をかぶって強がっていても、

本当はあなたに甘えたいと思っています。
優しく話を聞いてあげたり、膝枕で眠らせてあげたりして、

思いっきり弱音を吐き出させてあげましょう。
男性は

 

「この子といると安心できる」

 

と思った女性とは、なかなか離れられないものです。

 

④感謝されたい

年上男性は、自分のしてあげたことで女性が喜ぶ姿に

無情の喜びを感じます。
デートの時は毎回家まで送り届けてくれたり、

プレゼントをくれたりと、

恋愛中の彼の優しさには思わず感激してしまうことでしょう。
しかし、こうした行動の裏には

 

「感謝されたい」

 

という心理が働いているので

 

「ありがとう」

 

の気持ちが見られないと途端に拗ねてしまいます。
何かしてもらえることを当たり前と思わず、

その都度感謝して彼の自尊心を満たしてあげてください。
あなたが無邪気に喜ぶ姿を見て

 

「もっと大切にしてあげたい」

 

と思うはずですよ。

 

⑤女性をリードする立場でいたい

年上男性は、いつだって女性をリードする立場でいたいと思っています。
彼にとって、それこそが「男」の証ですから。

恋愛相手の女性を守り、リードしてこそ、

恋人という役目が果たせるのだと信じているのです。
ですから、女性のほうがリードしたがりすぎたり、

積極的にアプローチしすぎたりすると、

腰が引けてしまうこともあります。
そのあたりが複雑な男性心理で、

あまり寄りかかられすぎても重いけど、
女性が自分より優位に立つことには我慢できないのですね。

どんなに歯痒く感じても、黙って彼を立てるのが成功の秘訣。
かわいく甘えつつ、言いたいことは

オブラートに包んでさりげなく伝えるようにしましょう

 

⑥自由を奪われたくない

年上男性は、恋愛はしたいけれど、

そのことに縛られるのは嫌だと思っています。
ですから、

メールの返事を強要したり、

会っていない時の行動をしつこく詮索されたりするのには

我慢できないのですね。
特に、結婚適齢期の男性は

 

「いつまでこうして自由でいられるんだろう」

 

といった危機感を持っているので、

女性の束縛行動には嫌悪感を感じやすいのです。
彼に逃げられないためには、

適度な自由を与えてあげることが大切です。
お互いのプライベートも充実させながら、

デートも楽しむという関係が理想です。

 

「そんなことしていたら、他の女性に彼をとられちゃうんじゃないの?」

 

という心配は必要ありません。 むしろ

 

「俺の微妙な心理を分かってくれるかけがえのない女性」

 

と思われて、なくてはならない存在となっていくでしょう。

 

⑦恋心を自覚するのに時間がかかる

年上男性には、毎日やるべきことがいっぱいあります。

あれもこれもこなしていかなくてはならないので、

若いころのように恋愛一筋の生活なんて考えられません。
そうこうしているうちに、

女性を好きだと感じるセンサーが弱くなり、デートをしていても

 

「自分は本当にこの子のことが好きなのだろうか」

 

とつい考えてしまうことさえあります。

そんな彼があなたのことをはっきり

 

「好きだ」

 

と自覚するのは、弱っている時に彼が優しく慰めてくれたり、

あなたがピンチに遭っている姿を目の当たりにしたりした時。
つまり、無意識に

 

「彼女を失いたくない」

 

と感じる出来事に遭遇すると、

恋愛センサーの感度が上がるのですね。

もし、彼の本当の気持ちが分からなくて不安な時は、

やりすぎない程度に心配させてみると、

意外な愛情たっぷりな素顔を見せてくれるかもしれません。

 

⑧常識のある女性を求めている

ある程度年齢を重ねた年上男性は、頭の隅にいつも

 

「結婚」

 

の2文字がちらついています。

もちろん、できればもう少し遊んでいたいという気持ちはあるのですが、一方で

 

「早く家庭を持って親を安心させてあげたい」

 

「社会で一人前として認められたい」

 

という願望も抱いているのです。

ですから、恋愛相手の女性にも、

自分の親族や友人、会社の人たちとうまくやっていけるかどうかを求めます。
どんなにかわいくても、自分のことしか考えていなかったり、

結婚願望が全くなかったりする女性はNGとされてしまいます。

一時の遊び相手としては良くても、

本気の恋愛相手としては考えられません。

 

 

年上男性の複雑な恋愛心理、いかがでしょうか?

プライドを傷つけないよう注意しつつ、
かわいく甘えること

がアプローチ成功の秘訣。

良い関係を保つためには、

適度な自由も与えてあげることが大切です。

 

 

恋愛相談・タロット恋占いはいかがですか?

恋愛カウンセリングメールセッション

こちらからどうぞ♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です